自然の摂理コーチング

日本社会の枠から解き放たれ

自分らしい人生を歩むきっかけとなる

 ~らせんコーチRie~

どの道を選んでも正解にしていける

大切な価値観は?

その優先順位は?


これに答えが出ると必然と個が固まり

幸せに歩んでいけるんだということが起こりました。



2018年1月31日

日本もフィリピンにいた私も見ていた皆既月食。

(写真はバリバリ皆既月食@フィリピンなのですが携帯ではこんな感じに…)


私は屋台村の2階で見ていました。
あ~宇宙ってあるんだなぁ。

そんなところに魅かれながら…。


そうして宿に帰ってネットに繋ぐと

私の人生初のコーチングを受けた1号の大切なお友達から


「今日は大事なご報告です。

彼との結婚が決まりました。

いよいよ大きな決断ができました。」


とメッセージが♪


お~!嬉しい~!!

と思わず叫びました。



彼女は私がまだコーチングスクールに通い始めて2日目のすぐあとにダメもとで

「練習させてください~!」とFBに投稿して繋がり私の人生初めてのコーチングを受けてくれた方。


彼女は2015年12月から2017年夏ごろまで月1回のペースで継続コーチングを受けていました。


そして、たまたま11月に

継続コーチングのビフォーアフターを

ある会で話してくれたのです。


その時の音声をざっくり文におこしたものがこちら↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私がコーチングを1番最初に受けたのは2015年7月12日でした。

りえさんがコーチングを学んでいて1番最初のFBの告知で

100人コーチング練習の1番目でした。


海外に憧れがあって、りえさんが海外に行っていたと知り

りえさんと話してみたいというのがきっかけでした。


もともと関西にいて2015年4月に東京に来たときで

仕事で部署も変わり

理想と現実のギャップに悩んでいて

これからの自分の目標を整理したくて受けました。


初めてのコーチングはSkypeで

「新しい職場の中で繋がりを作りたい。どう動いたらいいか。」

というところに対して、社内での繋がりの一歩を踏み出せました。


2回目は2015年10月。

ある資格試験へのモチベーションがあがらないための相談。

やれることはやる。と思って行動したものの結果落ちてしまった。


2015年12月

「試験どうでした?」と連絡がきて

もう一度その試験を受けるか悩んでいたタイミングで

「自分のやりたいことってなんだろう?
仕事もプライベートもどうしていきたいんだろう?」

と思って継続コーチングを受けることにしました。


そこから月1回、毎回テーマは変わりながら、

仕事はどうするのか?資格は取るのか?プライベートは?と

改めて一緒に歩んできたことを振り返って

「コーチングを受けて何が良かったのか?」を考えました。




今思えば、毎回、悩んでいることを相談していたなと思います。

例えば、AかBかで悩んでいるとしたら

「どっちでもよかったらどう?どっちでもうまくいくとするとしたらどう?」


あとは

ゼロか100かでなやんでいると

「ゼロか100じゃなくて50は?60は?それだとだめなの?」



改めて客観的な視点とフィードバックがあることで

自分の思考のパターンと癖に気付くことができました。


そうか!そんな考え方もありますね!私、こう思っていました!
そう言うことをコーチングのたびに繰り返していくとどうなるか?


「脳の中に梨絵さんがいるんです」


なのでそこがすすんでいくと

1人で考えている時でも梨絵さんがどっちでもいいと言っているなぁって

第3の声が聞こえてくるという新しい癖がつくようになった。

あとは自分がはまっているということに気付けるようになりました。


あ、今、視野が狭まってるなと

もしここに梨絵さんがいたらこういうことを絶対言うと思う。

そう思うと、そうりえさんに言われたとしたら、どう考えるだろう?


もともとの思考のパターンから少し抜けだすきっかけを貰うことができた。


あとは振り返る癖がつきました。

今、自分がどう思っているのか、どう感じているのかを

悩んでいるときは自分でも整理がつかないので、

「じゃ、今の状況を整理したうえで、

自分はどうしたいのか?自分の中にしか答えはないんだ。」

そう思うようになりました。


「どれを選んでもいいと思うと、自分が一番納得したものを選ぶと一番悔いがない。

もうこれを選んだんだから悔いがない。

どの道を選んでもその道を正解にしていけるんだな。」と思いました。



改めて自分の価値観、好きなこと、大切なことを見つけられました。

うすうす気づいてはいたけれど

本当に食べることが好きで大切なんだと気付いた。

自分の生きていくうえでの大切な軸なんだなと。

例えば落ち込んでいた時に食べるもので元気になるとか


それを大切に出来る人生がおくれればそれで充分満足なんだなと。


あとは旅をするというところも自分の人生に大切で

色んなところに行く、色んな土地に行く、色んなものを食べる。


これが出来たら自分の人生は幸せだなと。


大切にしたいものの価値観、優先順位をあたらめて考えられたことは

これからの自分が人生を送っていくなかでもこれは絶対支えとなる。


これから先、自分が何かあったとしても

自分で自分を立て直していけるという自信になりました。


というのが梨絵さんのコーチングを通じて思う大切なことでした。

(彼女からのメッセージの前半)

~~~~~~~~~~~~~~~


こうして

彼女は自分の大切なモノ、優先順位を何度も何度も確かめて

自分で自分の支えを見つけ…


このビフォーアフターを私に話してくれた2か月後、

皆既月食を日本とフィリピンでそれぞれ見ていたその日に

嬉しい報告をしてくれました。


自分の中の大切な価値観や大切なヒトモノコトを明確にして

その優先順位を感じていくこと。

それは日々の体験の中で変わっていくことかもしれないし

変わらないかもしれない。


結婚して生活環境が変わっていく中でも

自分はここは譲れないという大切なものを大切に。


そして

どれを選んでも正解にしていける。


そんな彼女のこれからに間違いはない。

だって、全て正解だと知っているから。



そして、この後のメッセージで私は泣くこととなるのです…。

(次に続く…)

らせんコーチRie

日本社会の中で生きづらい人 途上国に興味があるけど勇気が無い人が 悩んでいる無駄な時間を無くし 自分として生きる人生を歩き出すきっかけ そんな人を増やし 世界平和へ

0コメント

  • 1000 / 1000